2009年04月24日

愛人43

クレア

 ソファに戻り、再び2人は熱い視線を絡ませます。

「今日はこれからどうしようか」と彼は話しかけました。

「もう、仕事はやめるんだから、一緒に店を出てもいいいだろう」。

頭の中を妄想が駆けめぐります。

「そろそろチェックして、カラオケボックスかどこかに行こうか」。

もうほとんど愛人気分です。

「どこか」というのは彼の頭の中ではある場面が思い描かれています。

 Kちゃんは困ったように「でも、今日までは仕事をするといったから」と答えます。

彼は、まあ今日は仕方ないかと思い直しました。

 「ところで」と彼は再び話しかけました。

「店をやめるんだから、週に2、3回は会えるね」。

すると、Kちゃんは少し申し訳なさそうに言いました。

「私、昼は学校で夜は仕事っていう生活が続いたでしょう。だから少し疲れた。試験も近いし、しばらく勉強だけに集中したい。いいですか?」

 期待はずれの言葉ではありましたが、「それはいけません」とは言えません。

とっさに「ああ、いいよ。君の都合にいい時に会えればいいから」と返答しました。

そう言いながらも、思い描いた筋書きとの微妙なずれを感じざるを得ません。


フィリピン情報  ブログ村    フィリピン系サイトランキング

 
 

posted by ナヒヒヤ at 07:00 | 愛人
可愛いフィリピーナと出会うなら