2009年03月09日

愛人32

クレア

彼は改めて弁明しました。

「あの夜は、友人に頼まれて、その友達を家まで送ろうとしただけだよ」。

Kちゃんはうつむいたままです。

 彼は思いきって言いました。

「ぼくが本当に好きなのはKちゃんだけだ」

 その言葉を聞いたKちゃんは驚いたように顔を上げて彼をみつめましたが、すぐに視線をそらしました。

 「本当だよ。ぼくを信じてほしい」と彼は言葉を継ぎます。

 しばらくして、ようやくKちゃんは顔を上げました。

「私、まだあなたのことを信じられない。みんな、日本人は浮気者が多いから気をつけた方がいいっていうし、あなたもそうなんでしょ」

 店内にはタイミングを見計らったように、ステージで歌われる歌に合わせたかけ声が響いています。

 ♪♪パロパロ、カー♪♪

 その合唱に挑戦するように彼は告げました。「約束する。君が大学を卒業するまでにかかるお金は全部ぼくが出すから」


フィリピン情報  ブログ村    フィリピン系サイトランキング

 
 

posted by ナヒヒヤ at 07:00 | 愛人
可愛いフィリピーナと出会うなら