2009年05月10日

愛人47

クレア

バスルームの中から、シャワーの水音が聞こえてきます。

彼の胸の鼓動はさらに高まり、ズボンの下半身が窮屈になってくるのを感じます。

やっとここまできたか、これでKちゃんとは名実ともに愛人関係になるなあ、と感慨に近い思いがこみ上げてきます。
 
シャワーの水音が止まりました。彼の胸の鼓動はさらに高まります。
 
「カチャッ」という音がしてバスルームの扉が開き、胸に真っ白なタオルを巻いたKちゃんが恥ずかしそうに姿を見せました。

ぬれた髪の毛が何とも言えない色気を漂わせています。

彼はKちゃんの方に目を向けまいと一生懸命努力をしますが、どうしても目の玉が美しいKちゃんの姿に引き寄せられていきます。
 
Kちゃんは「私、恥ずかしい」と言い、ベッドのシーツの中に潜り込んでしまいました。

彼は「じゃあ、ぼくもシャワーを浴びてくる」と言い、バスルームに入りました。
 
シャワーを浴び終えて、バスルームの扉を開けました。

部屋の中の照明は消され、ベッドサイドのかすかなオレンジ色の灯だけが温かい光を投げかけています。

彼はベッドに近づきました。


フィリピン情報  ブログ村    フィリピン系サイトランキング

 
 

posted by ナヒヒヤ at 04:11 | 愛人
可愛いフィリピーナと出会うなら