2009年05月20日

愛人50

フィリピーナ ライブチャット



クレア

その後、Kちゃんが「しばらくは勉強に集中したい」というので、会う回数は減りました。

週に1回か2週間に1回程度です。

彼の方も、ひんぱんにKちゃんに会っていてもそうそう話題があるわけではなく、カラオケボックスへ行っても同じような歌の繰り返しで、少し飽きてくる自分をも意識します。

肉体的な関係は一向に進展はありません。

♪♪ほーら、足元を見てごらん これが、あなたの歩むみーち♪♪
 
すっかり十八番となったKちゃんの歌を聞きながら、彼は思います。

あーあ、愛人作戦も当初の想定とはだいぶ違うなあ。

♪♪未来へ向かってー、ゆっくりと、歩いていこうー♪♪

まあ、いいか。

こんなにかわいい娘と一緒に時間を過ごせるんだから。

自然に両手が動いて拍手します。

彼の胸の中の想いに気づくべくもないKちゃんは「わーい、ありがとう」と輝く笑顔を彼に向け、再びカラオケ装置のリモートを手に取りました。


おわり


フィリピン情報  ブログ村    フィリピン系サイトランキング


 
 

posted by ナヒヒヤ at 07:00 | 愛人

2009年05月16日

愛人49

クレア

彼の手が胸に触れると、Kちゃんはビクッと体を震わせました。

しばらく、胸の上にある彼の手を自分の手で押さえつけていましたが、ゆっくりと顔を上げました。

その瞳にはうっすらと涙がにじんでいます。

「ごめんさない。私、まだバージンなの。やっぱりまだセック○はできない。それでだめだったら、あなたの援助は返します」。

Kちゃんは彼の目をしっかりと見つめながら語りました。

真剣な表情で話すKちゃんの言葉に、彼は心を打たれました。

「いや。ぼくは君を愛している。君の体をほしいからではないよ。君の心の準備ができるまで、ぼくはずっと待つから」

格好のいい言葉が口をついて出てきます。

頭の中で「あ、しまった」という気も少しはしましたが、「ここで男らしくふるまわないと、日本男児の看板がすたる」という思いの方がずっと強かったのです。


フィリピン情報  ブログ村    フィリピン系サイトランキング

 
 

posted by ナヒヒヤ at 07:00 | 愛人

2009年05月13日

愛人48

クレア

Kちゃんはベッドシーツの下で体を固くしていました。

Kちゃんの隣に横たわった彼がゆっくりとKちゃんの肩を抱くと、かすかな震えが伝わってきます。

彼は心配して尋ねました。「どうしたの?怖いの?」
 
Kちゃんは枕に顔を伏せながら首を振ります。

それを見た彼は、もう少し強い力でKちゃんを抱き寄せようとしました。

Kちゃんは自分から彼の方に少し身を寄せましたが、それでも両腕を胸に寄せて体をこわばらせたままです。
 
彼はそんなKちゃんを抱きしめ続けました。

時間が経つにつれ、Kちゃんの体はほぐれてきました。

すっかり落ち着きを取り戻したKちゃんは枕から顔を上げ、彼の顔を見つめます。

彼は、小鳥のように愛らしいKちゃんの顔に唇を寄せました。

自らの唇に、柔らかな甘い感触を感じます。

そうしながら、彼はKちゃんの胸の方に右手を伸ばしていきました。


フィリピン情報  ブログ村    フィリピン系サイトランキング


 
 

posted by ナヒヒヤ at 07:00 | 愛人

2009年05月10日

愛人47

クレア

バスルームの中から、シャワーの水音が聞こえてきます。

彼の胸の鼓動はさらに高まり、ズボンの下半身が窮屈になってくるのを感じます。

やっとここまできたか、これでKちゃんとは名実ともに愛人関係になるなあ、と感慨に近い思いがこみ上げてきます。
 
シャワーの水音が止まりました。彼の胸の鼓動はさらに高まります。
 
「カチャッ」という音がしてバスルームの扉が開き、胸に真っ白なタオルを巻いたKちゃんが恥ずかしそうに姿を見せました。

ぬれた髪の毛が何とも言えない色気を漂わせています。

彼はKちゃんの方に目を向けまいと一生懸命努力をしますが、どうしても目の玉が美しいKちゃんの姿に引き寄せられていきます。
 
Kちゃんは「私、恥ずかしい」と言い、ベッドのシーツの中に潜り込んでしまいました。

彼は「じゃあ、ぼくもシャワーを浴びてくる」と言い、バスルームに入りました。
 
シャワーを浴び終えて、バスルームの扉を開けました。

部屋の中の照明は消され、ベッドサイドのかすかなオレンジ色の灯だけが温かい光を投げかけています。

彼はベッドに近づきました。


フィリピン情報  ブログ村    フィリピン系サイトランキング

 
 

posted by ナヒヒヤ at 04:11 | 愛人

2009年05月03日

愛人46

クレア

Kちゃんは彼の部屋に足を踏み入れました。

彼の部屋にメード以外の女性が入るのは初めてです。

室内の空気の成分が一気に変化したようにさえ感じられ、彼は胸の鼓動が高まるのを意識しました。

Kちゃんは部屋を見渡して「へーえ、きれいにしてるのね」と感心したように言いました。

彼は「サービスアパートだからメードさんがやってくれるんだ」と正直に言いました。

Kちゃんは少し迷った様子で、ベッドの上に腰掛けました。

きれいな両足がホットパンツからスラリと伸びています。

それを目にしただけで、彼は思わず飛びつきそうになりましたが、必死で自分を抑えます。

せっかくここまでこぎつけたのに、ここで焦ればすべてが台無しになる。

冷静に現状を分析するだけの理性はかろうじて持ち合わせています。

しばらく世間話をした後、彼はKちゃんに「シャワーを浴びたら」と声をかけました。

Kちゃんは素直にうなずき、バスルームへ入って行きました。


フィリピン情報  ブログ村    フィリピン系サイトランキング

 
 

posted by ナヒヒヤ at 07:00 | 愛人
可愛いフィリピーナと出会うなら