2008年08月30日

続二股14

クレア

途端にしらけた雰囲気がテーブルを覆いました。

韓国人たちは「あーあ」と言いながら席を立ち、部屋の方へ戻っていきます。

Aちゃんは「明日の出発は何時?」と聞こうとしましたが、Cちゃんのことも気になっていたので呼び止めることができませんでした。

部屋に戻ってシャワーを浴びると、Cちゃんはすぐにすやすやと寝息をたて始めました。

Aちゃんも一日の疲れを急に感じて夢の世界に入っていきました。

翌日、目が覚めるともう9時です。

CちゃんとDちゃんはまだ折り重なって子犬のように寝入っています。

Aちゃんはあわてて服を着替え、韓国人たちの部屋の方へ行きました。

すると、2部屋とも扉があいていて、ハウスキーパーの人たちが掃除をしています。

「あれっ、この部屋に泊まっていた人たちは?」と尋ねると、掃除のおばさんは「もうチェックアウトしたよ」と答えました。



フィリピン情報  ブログ村    フィリピン系サイトランキング

 
 

posted by ナヒヒヤ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 続二股

2008年08月26日

続二股13

クレア

ホテルのかかりつけらしい医者が駆けつけてきて、Cちゃんの脈をとったり目をこじあけて瞳孔を調べたりしています。

「これは軽い急性アルコール中毒だな」と医者は言い、Cちゃんの口をこじあけて錠剤を含ませました。

しばらくみんなでCちゃんの様子を心配そうにうかがっていると。

Cちゃんは突然目を開けて周りを見渡しました。

「ええ、ここはどこっ」。不安そうなCちゃんの視線がAちゃんをとらえると、Cちゃんは安心したような表情を見せました。

自分がいる場所を把握したようです。

男が後ろから自分を抱きかかえていることに気付き、Cちゃんは飛びのきました。

「あなた、何をしてるの?」それまで心配そうだった男は、「なんや、この女は」という顔でCちゃんを見ています。

「私、今日はもう疲れた。マニラに帰りたい」とCちゃんは宣言するような口調で言いました。


フィリピン情報  ブログ村    フィリピン系サイトランキング

 
 

posted by ナヒヒヤ at 17:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 続二股

2008年08月18日

続二股12

クレア

「ウゲエー」という音とともに、液体がなだれ落ちるような音が聞こえてきました。

音がしたほうに目を向けると、男に抱きかかえられたCちゃんが口から食べたものや飲んだものを威勢良く吐き出しています。

男のズボンはたちまちにぎやかな褐色風の色に染められていきました。

男はさすがにCちゃんを突き放すわけにもいかない様子で、驚いた表情のまま、Cちゃんの背中をさすり始めました。

思ったほど悪い人ではないようです。

AちゃんはCちゃんに近づき、「大丈夫?」と声をかけます。

Cちゃんは訳の分からない言葉を発しながらも、ウンウンとうなずいています。

警備員は手に握らされた紙幣を男のnに向かって放り出し、助けを求めるように、厨房の方に駆け出していきました。


フィリピン情報  ブログ村    フィリピン系サイトランキング


 
 

posted by ナヒヒヤ at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 続二股

2008年08月14日

続二股11

クレア

Aちゃんは自分の肩にも男の手が回されるのを感じました。

キッと振り向き、「何をするの」と抗議しました。

しかし男は、ええやないかという表情でなおもAちゃんを抱きしめようとします。

Aちゃんは叫びました。

「助けてえ」

その声を聞いてレストランの警備員が駆けつけました。

6人の異常な様相に表情が固まりました。

「この人たち、レイピスト。やめさせてください」とAちゃんは必死に訴えました。

警備員はおろおろしています。

男が立ち上がり、ズボンのポケットから取り出した財布から青い紙幣を抜き出して警備員に握らせています。

警備員は手のひらに置かれた紙幣とAちゃんらを交互に見ながら、どうすればいいのか戸惑った様子です。

その時……。


フィリピン情報  ブログ村    フィリピン系サイトランキング

 
 

posted by ナヒヒヤ at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 続二股

2008年08月10日

続二股10

クレア

ノリのいいCちゃんは「このお酒おいしい」と言いながらガボガボ飲んでいます。

Dちゃんもつられてグラスを口に運び、これはいけると言いたげにうなずいています。

Aちゃんの警戒指数は高まりました。男たちにすすめられると、グラスに口だけつけてほとんど飲まないようにしました。

私という最後の砦が崩れれば、スケベ3人組の思うつぼにはまってしまうと本能的に感じていたからです。

知らないうちにCちゃんが「ウーイ」とまぶたを半分落としながらだらしなく男にしなだれかかっています。

Dちゃんも肩に手を回されています。

さらにCちゃんのほうに視線を戻すと、男はCちゃんの肩に腕を回し、胸のほうまで手を伸ばそうとしていました。

ピンチです。


フィリピン情報  ブログ村    フィリピン系サイトランキング

 
 

posted by ナヒヒヤ at 21:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 続二股
可愛いフィリピーナと出会うなら