2008年06月24日

続二股

クレア


Aちゃんは実は彼のことが忘れられないでいました。


確かにあのイケメン男は見た目はカッコいいし、同伴出勤すると、他のGROたちがうらやましそうな視線を浴びせかけてくるし。

日々の仕事を楽しく過ごすうえでは便利な存在なのです。

でも。と彼女は思いました。

あのイケメン男は何か物足りない。

私の心を満たしてくれる人ではないわ、と彼女は本能的に感じます。

それにしても、彼は最近どうして来てくれないのかしら。

ひょっとして私に見切りをつけて、Bちゃんの所に足しげく通っているのでは……。


Aちゃんの心は波立ちます。



フィリピン情報  ブログ村    フィリピン系サイトランキング



 
 

posted by ナヒヒヤ at 16:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 続二股

2008年06月14日

二股 最終話

カルチェ

席に戻ってきたAちゃんは言います。

「私も家族のために働いてる。この仕事はあまり好きじゃないけど、昼の仕事より給料が高いから仕方ないわ」

彼は考えました。なら、できるだけこの店に通って、彼女の成績を上げることに貢献してやろう。

こう思っていると、Aちゃんの表情が何となく落ち着いたように感じられました。

以心伝心というやつかも知れません。


彼はその日、Bちゃんにも会いに行きました。

Bちゃんも前日彼に思いをぶつけたせいか、吹っ切れたような表情に見えます。

いろいろ考えたけど、かわいい彼女らに出会えたんやから、できるだけ彼女らの役に立ったろうやないか。

何の縁か知らんけど、せっかくフィリピンに来たんやからなあ……

こう思った彼は、胸の中で「キアポの神様」に手を合わせました。




フィリピン情報  ブログ村    フィリピン系サイトランキング

 
 

posted by ナヒヒヤ at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 二股

2008年06月12日

二股38

カルチェ

翌日、彼はAちゃんの店に足を運びました。

Aちゃんの態度は少しほぐれてはいるものの、彼とは若干の距離を置こうという感じです。

彼は迷わずAちゃんに前夜のBちゃんとの会話を再現しました。

聞き入っていたAちゃんは「へえ、そう」と感慨深げです。

「この店にも同じような環境で育ってきた娘はいるわ。

私はもう少しましだけど、同じようなもの」とAちゃんは言いました。

イケメン男がまたやって来てAちゃんをとられてしまいました。

でも、今の彼はもうあまり気にはなりません。

そんなことより、彼女たちを少しでも幸せにするために自分に何ができるのかを考えていました。


フィリピン情報  ブログ村    フィリピン系サイトランキング

 
 

posted by ナヒヒヤ at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 二股

2008年06月10日

二股37

それからBちゃんの一家は極貧生活に陥りました。

それでも、Bちゃんは母親と弟を励ましながら、ごみの山で生きていきました。

母親はごみの収集のかたわら、近所の人たちの洗濯物を洗う仕事もして小銭を稼ぎ、生計を成り立たせたということです。

「お母さんはがんばって私と弟をハイスクールに行かせてくれたの。

今度は私ががんばって働く番でしょう」とBちゃんは言います。

「だから、私は何があっても弟を大学まで行かせる。

私はそう決めたから」。

Bちゃんはまだ涙がにじむ目で彼を見つめました。

その決意がこもった目を見ていると、彼の目にも涙がにじんできます。

同時に、これまでぬくぬくと生きてきた自分が恥ずかしく思えました。


フィリピン情報  ブログ村    フィリピン系サイトランキング


 
 

posted by ナヒヒヤ at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 二股

2008年06月07日

二股36

クラブクレア


彼女の話を要約すると、こういうことでした。

かつてマニラ湾沿いにスモーキーマウンテンというごみの山がありました。

彼が訪ねたケソン市のごみの山よりも大規模なものです。

彼女はそこで生まれ、2歳違いの弟と一緒に小さいころから両親の仕事を手伝いながら生きてきました。

 ある日、父親がごみの仕分けとしている時に、ビール瓶の破片でけがをしました。

夜になって高熱が出ましたが、病院に連れて行くお金はありません。

家の中でみんなで一生懸命看病しました。

でも、3日後に父親は息を引き取りました。

「お前は俺の自慢の子だから、お母さんと弟の面倒をしっかり見てやってくれ」。

これがBちゃんの父親の最期の言葉だったということです。


フィリピン情報  ブログ村    フィリピン系サイトランキング

 
 

posted by ナヒヒヤ at 13:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 二股

2008年06月03日

二股35

カラオケ小町

Bちゃんの涙顔がなぜか彼にはごみの山で出会った少女の笑顔とダブります。

戸惑いながら彼はBちゃんに声をかけました。自分の目の前で女に泣かれるのはいつの時代にも男にとっては耐えられないことなのでしょう。

しばらく彼の胸に顔をうずめていたBちゃんは顔を上げました。

「ごめんなさい」

こう言ったBちゃんは思い切ったように言葉を継ぎました。

「私、自分の子供のころのことを思い出したの」。

Bちゃんは語ります・・・・・・


フィリピン情報  ブログ村

    フィリピン系サイトランキング

 
 

posted by ナヒヒヤ at 05:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 二股
可愛いフィリピーナと出会うなら